コストにおけるプリンターのトナーの種類

プリンターはずいぶん高性能になり、進化し続けてレーザープリンターも値段も安くなりました。しかしながら、消耗品であるトナーは相変わらずインクと同じように定期的に取り換える必要がありますが、値段も高く使用頻度が高いとかなりの出費になります。コストを抑えたい場合にはいくつか方法があります。まず、信用度の高い純正品にこだわる場合は別ですが汎用トナーでも十分その機能は果たせます。もちろん、メーカーの保証対象外な事がほとんどという制約もあります。コストを抑えるためには、大量に購入したり安い業者を探すことも1つです。また、使用済みのカートリッジを利用したリサイクルトナーを使用するという方法もあります。メリットとしては、純正品と違って値段がかなり安いということですが、ごくまれに不具合もあり、微妙に色あいが違うといった事もあります。

リサイクルトナーは機器メーカー保証がない

プリンターを利用するときにトナーを使います。最初に購入した時にはついているかもしれません。でもそれが亡くなれば交換が必要になります。基本的にはメーカーが提供している純正品を購入します。これがメーカーが指定する使い方になります。メーカーでは、一定の使い方をしないと保証してくれない場合があります。その一つにリサイクルタイプのトナーを利用することが挙げられます。保証期間内に使って故障しても無償修理はできません。修理そのものに対応してもらえないこともあります。利用する側としては一定のリスクがありますが、業者としては製品を使ってもらうためにいろいろな対応をしています。もし故障した場合には、故障に対する費用の負担をしてくれる場合があります。対応費用は業者によって異なるので、どこまで対応するかをチェックして業者を選ぶとよいでしょう。

純正トナーにもいくつかの種類がある

日本のメーカーが作っているものなら安心と感じることがあるでしょう。海外の全く知らない会社だと逆に不安に感じる場合があります。最近は海外メーカーも品質の良いものを作りますが、あまり知られていないところだと注意しないといけません。プリンタートナーには純正とリサイクルがあります。純正は、本体を作っているメーカーの名の下で提供されています。実際にどこが作っているかはわかりません。ただ、すべてが同じ工場で作られているわけではありません。ある部分を見るとそれがわかります。純正品には、メイドインジャパンとなっているものとメイドインチャイナやタイワンなど海外で作られているものがあります。海外で作っていてもある程度は安心できますが、少し不安も残るでしょう。その場合はメイドインジャパンのものを選ぶと良いでしょう。